「宮古島のパーントゥ」がユネスコの無形文化遺産に登録されたのを受け、祭祀(さいし)を執り行う宮古島市平良島尻と同市上野野原(のばる)の関係者は地域活性化を期待しつつ、観光客の増加による混乱や担い手不足への不安も口にした。 「おー出た」。