2000年に新設された総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」(係争委)は、地方自治体に対する国の関与の適法性などを審査し、必要があれば改善させる役割を持つ。根拠法は地方自治法250条の7で、委員は5人。