美ら海水族館は12月7日から来年1月6日まで、開館時間を午後9時30分まで延長する「美ら海ナイトアクアリウム」を実施する。沖縄観光の課題となっている夜も楽しめる観光コンテンツの提供を目指す。ジャンボツアーズは、ナイトアクアリウムなどを巡るバスツアーを売り出し、観光誘客につなげる。

(資料写真)沖縄美ら海水族館

ナイトアクアリウムとバスツアーをPRするジャンボツアーズの寿盛部長(左端)と美ら島財団の並里部長(右から2人目)ら=29日、沖縄タイムス社

(資料写真)沖縄美ら海水族館 ナイトアクアリウムとバスツアーをPRするジャンボツアーズの寿盛部長(左端)と美ら島財団の並里部長(右から2人目)ら=29日、沖縄タイムス社

 水槽の前にソファなどを置き、くつろぎながら、魚を眺められるようにする。沖縄美ら島財団企画広報部の並里力部長は「ゆったりと水族館を楽しみたいとの顧客の要望に応えた」と話した。

 ジャンボツアーズは期間中、ツアーバスを毎日運行。午後2時30分から3時ごろに那覇を出発し、イオン名護店、DINO恐竜PARKやんばる亜熱帯の森、御菓子御殿名護店も回る。

 中国語や韓国語、英語などにも対応。インバウンド事業部の寿盛(すもり)哲也部長は「観光客だけでなく、県民にもPRしたい」と述べた。

 ツアーは大人5500円、6~15歳4千円、3~5歳3千円。問い合わせは同社、電話098(917)5575。