沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古可否の行方不透明 悩む事務方

2013年12月23日 08:15

 米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた埋め立て申請をめぐり、県土木建築部が23日に仲井真弘多知事へ報告する事務審査の内容は、承認・不承認いずれにも対応できる判断材料が盛り込まれている。公有水面埋立法の承認基準の適否にも知事との調整に委ねる部分が残されており、可否の行方は不透明だ。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気