【那覇】県立埋蔵文化財センター(下地英輝所長)は21日、2011年8月に首里高校の校舎建て替えに伴う試掘調査でグラウンド地中から見つかった中城御殿の遺跡の発掘調査の成果として、井戸周辺の水場の遺跡などを公開した。約40人が参加した。  中城御殿は琉球王朝時代、王の世継ぎが住んだとされている。