少子化に伴う高齢旅行人口の増加などを背景に、誰もが安全に旅行を楽しめる「観光バリアフリー」の需要が高まっている。那覇空港内にある高齢者・障がい者のための観光案内所「沖縄バリアフリーツアーセンター」への問い合わせは、2007年11月の開所からことし10月までに約4万7千件。