沖縄県の伊平屋島に、つがいとみられるコウノトリ2羽が飛来しているのが30日、確認された。村役場などによると、18日ごろから島内各地で目撃されているという。

伊平屋島に飛来した2羽のコウノトリ=11月19日、伊平屋村(光延さち通信員撮影)

伊平屋島に飛来した2羽のコウノトリ=11月19日、伊平屋村(光延さち通信員撮影)

伊平屋島に飛来した2羽のコウノトリ=11月19日、伊平屋村(光延さち通信員撮影) 伊平屋島に飛来した2羽のコウノトリ=11月19日、伊平屋村(光延さち通信員撮影)

 同島では2016年2月10日にもコウノトリ1羽が飛来しており、約2年9カ月ぶり。沖縄野鳥の会の山城正邦会長によると、脚に識別用のリングがあることから、兵庫県から来た個体とみられる。

 コウノトリは幸福を運ぶ鳥とも言われることから、目撃した人は「伊平屋にいいことがあるかも」と笑顔で話していた。(光延さち通信員)