大弦小弦

[大弦小弦]過去4年、先頭集団とともにNAHAマラソンを走ってきた・・・

2018年12月2日 08:01

 過去4年、先頭集団とともにNAHAマラソンを走ってきた。最も記憶に残るのは第30回大会で優勝した「最強の市民ランナー」川内優輝選手が大会記録を9分以上縮めた圧倒的な強さ。昨年優勝の濱崎達規選手の雄姿も印象深い

▼といっても、ランナーとして出場しているわけではない。レースをつぶさに観戦できるのはデジタル時計を屋根に設置した時計車に乗って、先頭集団の後ろに付けているから

▼トップ走者の熱い闘いもさることながら、毎回感心させられるのは心のこもった沿道の声援。中にはハンドルを握る私に「頑張って!」と果物を差し出そうとする人も。力尽きそうになっても、応援が背中を押してくれるというのがよく分かる

▼大会は平和と友好の象徴「万国津梁之鐘」を打ち鳴らす音でスタートし、糸満市の平和祈念公園で折り返す。沖縄戦で多くの人が命を落とした地域を駆け抜ける「平和祈念コース」でもある

▼9年前の大会の日、「平和の礎」で三重県から来た女性に出会った。家族の出場に合わせ、祖母の兄の名が刻まれているのを確認しに来たという。「会ったこともないのに、名前を見たら涙が出た」

▼慰霊と鎮魂の場所も、この日はにぎやかな声で満ちる。ランナーの皆さんには平和な時代に生きる幸せをかみしめながら、沿道の笑顔をたっぷり味わってほしい。(玉城淳)

平成最後のNAHAマラソン、写真を順次公開中!!

沖縄タイムスフォトギャラリーDLで「第34回NAHAマラソン」の写真を閲覧・購入できます。ゼッケン検索も可能。ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS