サッカー明治安田生命J3で優勝とJ2昇格を決めている首位のFC琉球は2日、富山県総合運動公園陸上競技場で12位のカターレ富山と対戦し、後半ロスタイムの失点で1―2と敗れ、今季最終戦を飾れなかった。 琉球は0―1で折り返した後半33分、増谷幸祐の同点弾で追い付いたが、ロスタイムに決勝点を許した。