沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は25日、2014年度予算案の内容を発表した。予算額は前年度比10億円増の1438億円。観光リゾートなどのリーディング産業育成のための出資金10億円が新たに加わった。  リーディング産業は観光のほか、情報通信関連や沖縄の優位性を生かした次世代産業など。