沖縄タイムス+プラス ニュース

NAHAマラソン後のごみ拾い ランナーら265人が参加

2018年12月3日 12:48

 2日に開催されたNAHAマラソン会場となった奥武山総合運動公園で「一斉クリーン作戦」(主催・県かりゆし長寿大学校同窓会サークル、かりゆし社会福祉ボランティアサークル)が3日あった。大会に参加したジョガーを含む265人がペットボトルや空き缶などのごみを集めた。

集めたごみを分別するクリーン作戦の参加者たち=3日、那覇市の奥武山総合運動公園

 清掃活動は12回目の開催。ボランティアサークルの田村守事務局長によると、年々ごみは減っているが、トイレなど人目につかない場所に多くのごみが散乱していた。「使う前よりもきれいにという思いで多くの人が集まってくれた」と感謝した。

 2日の大会で完走を果たした熱田裕子さん(36)=静岡県=は「足が痛いけど、お世話になった会場を少しでもきれいにしたかった」と笑顔で話した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気