沖縄タイムス+プラス ニュース

名護市長選:一本化、承認後押し 自民幹部

2013年12月27日 07:00

 【名護】来年1月19日投開票の名護市長選挙は、前県議の末松文信氏(65)が普天間飛行場の辺野古移設を「積極的に推進」することで、前市長の島袋吉和氏(67)が出馬断念に応じ、野党保守系候補の分裂が解消した。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気