仲井真弘多知事は27日、那覇市の知事公舎で記者会見し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請を承認したと表明した。承認の理由は「現段階で取り得る環境保全措置が講じられ(公有水面埋立法の)基準に適合している」と説明した。一方、県外移設を求める自身の公約は「変えていない」と強調。