仲井真弘多知事が名護市辺野古の埋め立て承認を正式に表明した27日、米軍普天間飛行場の県内移設に反対する県民の怒り、失望、落胆が全県に広がった。県外移設の公約は「変えていない」と強弁する知事に、県庁に座り込んだ市民は「うそをつくな」「知事の裏切りを許さない」。悔しさから涙を流す人もいた。