仲井真弘多知事は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立て承認で、環境破壊の心配を「保全措置が講じられている」という一言で素通りした。環境影響評価(アセスメント)で一時「保全は不可能」とまで断じていた県の変節に、環境団体は「結局、建設ありきだった」「支離滅裂だ」とあきれた。