【崎原朝一通信員】アルゼンチンのメンドーサ州政府内閣長官などを務め、沖縄民間大使だった県系3世の当山カルロスさん(65)が長い闘病生活の末10月27日、同州内の病院で亡くなった。  当山さんは、父カンスケさんが勝連町比嘉に縁のあるブラジル2世で、アルゼンチン女性の母との間に生まれた。