沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は、裁判の審判対象に当たらないとして県側の訴えを却下した一審那覇地裁判決を支持した。名護漁協の漁業権放棄を理由に、知事の岩礁破砕許可は不要とした国の主張に対し、二審も司法判断が下されることはなく、門前払いとなった。

福岡高裁那覇支部