沖縄県名護市辺野古の新基地建設工事差し止め訴訟は、一審に続き二審も入り口論で県の訴えを退けた。国が突如として漁業法の解釈を変更したことに対する実質的な判断は示されず、問題は宙に浮いたままとなった。国と地方自治体で法解釈を巡る争いが起こっても、裁判では解決されない課題が改めて浮き彫りになった。