【西原】新春書き初め大会(主催・西原町)が4日、町民体育館であり、「お年玉」「おみくじ」「なかよし」など正月に関連した好きな言葉や新年の抱負を町内の小中学生ら約200人が一斉に書いた。町内の校長らの審査で、「無我の境地」と書いた琉大付属中2年の下地眞礼(まな)さんがトップの教育長賞に選ばれた。