宮城盛功通信員は、家族と共にカナダで40回目の正月を迎えた。「正月はめでたく、カナダでもハッピーであることは変わりない」とクリスマスの後、息つく間もなく正月準備に入る忙しさのようだ。  日本の文化を忘れないためにも日本風の正月を心掛けている。妻の美佐子さんは「おせち料理の献立を考えるのが楽しい。