長きにわたって愛される名著「クリスマス・キャロル」が、作家チャールズ・ディケンズと、物語の主人公スクルージによって紡がれる設定がこころ憎い。 子だくさんで、家の修理費用にも事欠くようになったディケンズは、新作が書けずに思い悩む。