仲井真弘多知事は6日午前、職員向けの庁内放送で年頭あいさつし、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立てを承認した理由について「環境保全について現在考えられるレベルで保全措置が取られている。(公有水面埋立法が定める)基準に適合している」と、あらためて理解を求めた。