仲井真弘多知事は6日、庁内放送による職員向けの年頭あいさつで、昨年末の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた公有水面埋め立ての承認に触れ、移設先となる名護市の地元の久辺3区や市民に対して「苦労をお掛けするが、ご理解とご協力をたまわりたい」と公の場で初めて言及した。