沖縄労働局(安達隆文局長)は7日、2015年3月の高卒・大卒者の3年以内の離職率を発表した。高卒者は52・3%で、全国同39・3%より13・0ポイント高く、大卒者は39・5%で、全国同31・8%より7・7ポイント高かった。

沖縄労働局の調査で高卒の52%が3年以内に離職

高卒・大卒の離職率(沖縄)

沖縄労働局の調査で高卒の52%が3年以内に離職 高卒・大卒の離職率(沖縄)

 14年卒と比べると、高卒で4・9ポイント、大卒で4・2ポイント改善し、年々改善傾向にある。同局は改善要因を「求人数が増加し、希望の職へ就職できる人が増加したこと」と、教育各機関と連携し「内定者や新人定着の研修に力を入れてきたこと」を挙げた。

 離職率の内訳は、高卒者で1年目が26・6%(全国18・2%)、2年目15・1%(同11・6%)、3年目9・8%(同9・6%)だった。臨時公務員などを除くと、「生活関連サービス・娯楽業」、「教育・学習支援業」、「宿泊・飲食サービス業」の順に離職率が高かった。

 大卒者では、1年目が17・3%(全国11・9%)、2年目12・1%(同10・4%)、3年目9・2%(同9・5%)だった。離職率は「教育・学習支援業」、「不動産・物品賃貸業」、「医療・福祉」の順に高かった。

 離職理由は「仕事が自分に合わない」が最も高く、次いで「休日・休暇の条件が合わない」、「職場の人間関係」となっている。

 安達局長は「就職活動の開始が遅く、企業の情報収集不足が影響しミスマッチが生じているのでは」と分析。早めの就職活動の開始を呼び掛けた。また、企業へは「人材育成や人材の定着に取り組んでほしい」と述べた。