仲井真弘多知事は6日、県庁内で記者団の取材に応じ、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設をめぐり、公有水面埋め立てを承認したことで、辺野古移設実現のハードルが下がったかについて「私は(辺野古に)反対したことはない。承認したからといってハードルが下がるかどうかは、分からない」との認識を示した。