【平安名純代・米国特約記者】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は5日の社説で、仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場の代替施設建設予定地の名護市辺野古沿岸の埋め立て申請を承認したことについて、「重要な一歩」と指摘した上で、辺野古移設の実現性にあらためて疑問を呈した。