沖縄県内は9日、日中も気温があまり上がらず、各地で今季一番の寒さになった。国頭村奥では午前9時8分に今季最低の14・4度を観測した。

時折吹く強い風に背中を丸めながら歩く人たち=9日午後、那覇市久茂地

 9日、那覇は雨が降ったりやんだりの天気で、午前7時52分に今季最低の17度を観測した。その後も昼の気温は20・5度までしか上がらず、道行く人の中には上着を着込む姿もあった。

 ただしこれらの気温は平年並みで、ようやく冬の寒さが訪れた形。沖縄気象台の担当者は「ここのところ異常に高い気温が続いたため、寒く感じるのではないか」と説明した。今後も気温は平年より高く推移すると予測している。