沖縄空手

喜友名諒、完勝でV7 全日本空手・男子個人形

2018年12月10日 08:21

 空手道の全日本選手権最終日は9日、東京・日本武道館で行われ、男子個人形で世界王者の喜友名諒(28)=劉衛流龍鳳会=が7連覇を達成した。喜友名は1回戦から決勝までの全4戦を5-0で完全勝利。杉野拓海(北信越地区)との決勝はアーナンで制した。

男子形決勝 迫力あるアーナンを披露する喜友名諒=日本武道館(小笠原大介東京通信員撮影)

 2018年を締めくくる大会を完勝で制した喜友名は「世界の誰よりも稽古している自信がある」と胸を張る。2020年の東京オリンピック出場と金メダルに向けて、「全て優勝して突っ走っていきたい」とさらなる飛躍を期した。

 喜友名は今年、11月の世界選手権で3連覇を果たし、団体とともに2冠を達成した。そのほか、プレミアリーグの年間王者にも輝いた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS