2万5045人が完走し、今年も盛り上がりを見せた「第34回NAHAマラソン」。沖縄県北大東村職員の大城勇太さん(34)は、2日のレース当日が子どもの学校行事と重なり、念願の初出場はお預け。代わりに北大東島でNAHAマラソンと同じ2日に単独のマラソン大会を開催し、村のグラウンド計105周を5時間23分19秒で走破した。大城さんは「来年こそは本物に出たい」と笑った。(社会部・山城響)

子どもたちから送られた単独マラソンの完走証を手にする大城勇太さん(中央)=北大東村(本人提供)

実は2016年も…

 3回目の申し込みで初めて出場することが決まった2016年大会も娘の学習発表会と同じ日だったために断念。そのときも北大東島で単独マラソンを敢行し、今回が2回目の大会となった。初回は島内を周回するコースだったが、今大会は趣を変えようと夜間帯に開催した。

 ところが、月の明かりが意外に暗く、急きょ照明のある村離島振興総合センターグラウンドのコースに変更。家族が家で留守番する中、孤独な42・195キロの闘いが始まった。距離やタイムはGPS機能と連動したスマートフォンのアプリなどを駆使して計測した。

 那覇西高校サッカー部や成年国体サッカーのゴールキーパーとしても活躍した大城さん。体力には自信があったが、同じコースをひたすら回り続けるのに、さすがにくじけそうになったという。

子どもたちが手作り完走証

 「これまでの人生や、これからの人生を考えながら走り続けていた」と振り返る。残り半分で家族が応援に駆け付け、差し入れの肉まんを食べて乗り切った。

 単独マラソン大会は「二度とやりたくない」が率直な感想。それでも子どもたちが作ってくれた「1位」の完走証が疲れを吹き飛ばした。

 「だれもやらないようなおもしろいことで話題をつくり、北大東島をPRして知名度をあげる」が大城さんのモットー。「でも来年こそはNAHAマラソン初出場をかなえたいなあ」