共同通信 ニュース

民放連、CM規制を否定 国民投票巡り憲法審が聴取

2018年12月10日 13:34

 衆院憲法審査会は10日、幹事懇談会を開き、憲法改正の是非を問う国民投票の際に賛否を訴えるテレビCMの規制の在り方について民放連から見解を聴取した。民放連は、CM量を自主規制することはできないとの立場を表明した。7月の聴取でも「表現の自由」が制約されると規制に慎重な姿勢を示していた。幹事懇談会は非公開で開かれた。

 憲法審はこれに先立ち、国民投票の利便性を公選法にそろえる国民投票法改正案を継続審議扱いにすると決めた。森英介会長は、今国会で一度も議論できなかったことに関し「円滑に運営できず残念。今後はこれまで以上に公正、円満な運営に努めていく」と言及した。(共同通信)

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS