文部科学省の医学部入試の緊急調査を受け、順天堂大は10日、東京都内で記者会見を開き、医学部医学科入試で女子や浪人生を不利に扱っていたと明らかにした。こうした不適切な扱いがなければ合格していた受験生計48人(女子47人、男子1人)全員を追加合格にし、28日までに入学の意向を確認する。入学を認めた人数は、来春の新入生の募集人員から減じる。

 文科省の医学部入試の緊急調査を受け、記者会見する順天堂大の新井一学長(右)=10日午後、東京都文京区

 北里大も10日、医学部一般入試の繰り上げ合格で、補欠者に連絡する際に男子や若年者を優先する扱いをしていると文科省から指摘を受けたと発表。文科省の緊急調査で不適切な運用が分かったのは、東京医科大を含め計8大学に拡大した。(共同通信)