覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反の罪に問われた兵庫県伊丹市の音楽講師沢田憲一被告(49)に、東京地裁は10日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。被告はNHKの子ども向け番組で1996年から3年間、「歌のお兄さん」として活動していた。

 判決理由で福嶋一訓裁判官は、覚醒剤への親和性や依存性がうかがえると指摘。「使用に及んだ経緯や動機に酌むべき点はなく、刑事責任は軽くない」と述べたものの、反省しているとして執行猶予を付けた。

 判決によると、9月18日ごろ、東京都新宿区のサウナで、覚醒剤を体に注射して使用した。(共同通信)