沖縄県の米軍嘉手納基地所属の空軍兵が基地内から拳銃を持って一時脱走し、読谷村宇座の集落で米軍に逮捕された事件について、沖縄県警の筒井洋樹本部長は10日の県議会12月定例会の一般質問で、銃刀法違反の容疑を視野に捜査しているとし「引き続き適切に対応する」と答えた。