オリンパスは11日、同社の十二指腸内視鏡で検査、治療を受けた患者が感染症を患った事例を米当局に対し適切な報告を怠った罪を認め、米司法省と司法取引に合意したと発表した。約97億円の罰金を支払う。(共同通信)