2015年の教員採用試験を巡り、事実ではない証言文書で名誉を毀損(きそん)されたとして、安慶田光男元副知事が諸見里明前教育長に損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、那覇地裁であった。平山馨裁判長は口利きの事実を認め、諸見里氏側の反訴請求を支持。安慶田氏に対し、慰謝料など525万円を支払うよう命じた。