11日午前11時10分ごろ、那覇市久茂地から泊方面に向けて、七色がくっきりとした鮮やかな虹が出現した。  “アーチショー”は10分ほど続き、次第に薄くなり、消えた。  沖縄気象台は「小雨が降っていたこと、雲の隙間から日が差していたことなど虹が見える条件が重なった」と説明した。