沖縄タイムス+プラス ニュース

銃所有の米兵、脱走事件に抗議 読谷村議会

2018年12月11日 12:29

 【読谷】米軍嘉手納基地所属の空軍兵が基地内から拳銃を持ち脱走し、読谷村宇座の民間住宅地付近で米軍に逮捕された事件で、読谷村議会(伊波篤議長)は12月定例会開会初日の11日午前、抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。

事件に抗議する決議案を全会一致で可決する読谷村議会=11日、読谷村議会

 決議案は「米軍当局の武器管理体制のずさんさと地元自治体への通報体制の遅れに問題があり、断じて許されない」と指摘。米国で先月、沖縄駐留経験のある元海兵隊員が起こした銃乱射事件に触れ「今回の事件は米国での事件を想起させるもので、地域住民の生命に関わる重大事件に直結する恐れがある。村民を深刻な不安と恐怖に陥れるものであり、断固として抗議する」と訴えた。

 日米両政府に対し①空軍兵が銃を所持し脱走した原因究明とその結果を公表すること②再発防止策の徹底とその策を公表すること③米軍の武器管理体制と早急な通報体制を確立すること④過重な基地負担の軽減を図ること⑤米軍優位の日米地位協定を抜本的に改定すること―を求めている。

 村議の代表らは11日午後に沖縄防衛局を訪れ、意見書を手渡す予定。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS