季節や天候を問わない沖縄の観光資源を活用したコンテンツを探る検討委員会が9日、県庁で開かれ、観光協会や観光ジャーナリストなどの観光事業者で検討された九つの体験型ツアーを、モデル事業として来年度の県事業で実施することが決まった。