沖縄県内でリゾートホテルの運営を手掛けるセドナコーポレーション(浦添市、安里明代表)は2019年5月をめどに、恩納村山田にヴィラタイプのホテル「U―MUIフォレストヴィラ・オキナワ・ヤマダグスク」をオープンする。「お客さま自身のリズムで過ごせるホテル」をコンセプトに、恩納村の静かな森の中でゆったりとくつろげる空間を演出し、50代~60代の富裕層をターゲットとしている。

恩納村山田に19年5月開業予定のヴィラタイプのホテル「U―MUI」の完成予定図(セドナコーポレーション提供)

 ホテルの敷地面積は9664平方メートルで、延べ床面積は1721・78平方メートル。客室はヴィラタイプの全18室で、プライベートプールや露天風呂を完備。このほか長期滞在ができるようにキッチンもある。テラスを含め1室120平方メートルの広々とした作造りになっている。また、施設内のレストランは朝食や昼食などを時間帯で区切らず、客のニーズで利用でき、県産食材を使った料理を堪能できる。

 同ホテルはオープンを前に19年1月11日から先行予約を開始する。

 安里代表は「恩納村の大自然に囲まれながら、お客さまの自由な時間を堪能できる空間を提供したい」と話した。