教員採用試験を巡る疑惑で、那覇地裁は諸見里明前県教育長の証言の「真実性」を認め、安慶田光男元副知事による口利きがあったと結論付けた。元副知事から「作り話」と訴えられてから2年近く。県教育委員会と県第三者委員会もすでに同様な判断をしており、諸見里さんは「教育者としての人生を懸けた主張が認められた」と安堵(あんど)した。

勝訴し、会見で晴れやかな表情を見せる諸見里明前県教育長=11日、県庁記者クラブ

口利き問題の経緯

勝訴し、会見で晴れやかな表情を見せる諸見里明前県教育長=11日、県庁記者クラブ
口利き問題の経緯

教育への政治介入

 判決後の会見で諸見里さんは「教育への政治介入は大きな間違い」と危機感を示し、証言に踏み切った心境を打ち明けた。公平性が求められる採用試験への不正な働き掛けは「子どもたちが正しい教育を受けるためにあってはならない」と語気を強めた。

 判決も、諸見里さんの証言を「公益を図る目的でなされたことは明らか」「不正を見過ごすことはできないという正義感に駆られての行動」と見なした。

萎縮効果狙いか

 一方で諸見里さんは、訴訟の重圧についても口にした。疑惑を報じた報道機関や疑惑認定した県教委ではなく、諸見里さん個人が訴えられたため「私を訴えることで(情報提供への)萎縮効果を狙ったのではと憤りを感じる」と批判。

 1300人を超える支援者や寄付者のおかげで耐えられたと言い、「心から感謝している」と話した。支援組織の事務局長を務める高嶺朝勇元南城市教育長は「判決に敬意を表したい。支えてくれた人たちに伝えたい」と胸をなで下ろした。