【解説】「内部告発」の信ぴょう性が最大の争点となった訴訟で、那覇地裁は安慶田光男元副知事による口利きがあったと認定した。名誉毀損(きそん)による損害賠償額としては高額の525万円の支払いも安慶田氏に命じ、諸見里明前教育長側の「完全勝訴」といえる判決内容となった。