京都市とNEC、京都大は5日、小中学校でのグループワークの議論内容をリアルタイムでテキスト化するなど、人工知能(AI)を活用した実証事業を来年1月から始めると発表した。発言者の感情の変化もとらえることができるという。