沖縄タイムス+プラス ニュース

与那国町議会、県民投票の予算案を否決 県内市町村で初

2018年12月13日 12:49

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票を巡り、与那国町議会(前西原武三議長)は13日の12月定例会で、町提案の補正予算案から県民投票管理費255万1千円を削除した修正案を賛成多数(賛成5、反対4)で可決した。市町村議会が県民投票の予算案を否決するのは初めて。外間守吉町長は議会終了後、再議に付す方針を述べた。

補正予算案から県民投票に関する予算を削除した修正案を可決した与那国町議会=13日、与那国町議会

 与党の嵩西茂則氏が修正動議を提出した。外間町長は野党側からの質疑に対し「義務的経費なので責務を果たす」と述べ、投票事務を実施する意向を示した。

 与野党は5対5で拮抗(きっこう)。採決に加わらない議長を除くと与党少数だが、野党で県民投票に反対している保守系議員1人が修正案に賛成したことで可決した。

「県民投票」これまでの記事一覧


「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気