米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題で、辺野古地区の住民を含む沖縄県内の住民194人が、沖縄県を相手に仲井真弘多県知事の埋め立て申請承認の取り消しを求める行政訴訟を15日、那覇地裁に起こした。同時に、承認の効力の一時的な中断を求める執行停止も申し立てた。