県内27の沖縄そば店でつくる「沖縄そば発展継承の会」はこのほど、2012年に大阪府の阪神百貨店で開かれた沖縄物産展で好評だった沖縄そば「究極の一杯」を土産品用に商品化した。昔ながらの食感を再現した木灰風の生麺で、加盟店の店主らで試食選考を繰り返し約1年かけて開発した。