共同通信 ニュース

阪神・糸井、現状維持の4億円 「悔しさ晴らす」

2018年12月13日 16:33

 阪神の糸井嘉男外野手が13日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の年俸4億円でサインした。来季が4年契約の3年目。

 契約更改交渉後、記者会見する阪神の糸井嘉男外野手=13日、兵庫県西宮市の球団事務所

 途中から4番を務めた今季は右腓骨骨折や左肩負傷で出場119試合にとどまった。チームは最下位に沈み、金本知憲前監督が引責辞任。「今年の悔しい思いを晴らしたい。来年はみんなで力を合わせて勝ちたい」と意気込んだ。オリックス時代の同僚で、自身と同様にフリーエージェントで加入する西勇輝投手には「何か手助けできることがあればしたい。そのままの自分を出したらいい」とエールを送った。(金額は推定)(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS