移転のため休館していた沖縄県立図書館が15日午後2時、那覇市泉崎の複合施設「カフーナ旭橋」にリニューアルオープンする。座席数は旧館の2倍の528席で、収蔵できる本も216万冊と大幅にアップ。県民に親しまれてきた沖縄の「知の拠点」が大きく生まれ変わる。

新図書館は3フロア

3階にあるエントランス

読書に集中できそうな座席

幅広い図書がそろう書架

沖縄関係の資料を集めた郷土資料室

5階の郷土資料を閲覧できるエリア

1950年代の沖縄タイムスも!

沖縄出身作家の本もずらり

旧館に比べ座席数は2倍に

アメリカ情報コーナーは12月22日にオープニングセレモニー

50万冊の収蔵能力を持つ自動化書庫

調査・研究や学習にも利用できる

新図書館は3フロア 3階にあるエントランス 読書に集中できそうな座席 幅広い図書がそろう書架 沖縄関係の資料を集めた郷土資料室 5階の郷土資料を閲覧できるエリア 1950年代の沖縄タイムスも! 沖縄出身作家の本もずらり 旧館に比べ座席数は2倍に アメリカ情報コーナーは12月22日にオープニングセレモニー 50万冊の収蔵能力を持つ自動化書庫 調査・研究や学習にも利用できる
 

 同館は9月に完成したカフーナ旭橋A街区の3階から6階(一般利用は5階まで)にある。3階はエントランスと子どもたちが本に親しむエリア。4階は一般図書を中心としたフロアで、13万冊の本と300の座席がある。5階は郷土資料フロアになっており、同館が収集に力を注いできた沖縄関係資料が閲覧できる。
 
 同じ施設には那覇バスターミナルがあり、沖縄都市モノレール旭橋駅にも直結しているため、車がなくても行きやすくなった。「OPA」などの商業施設も入居しており、カフェでコーヒーを飲みながら借りた本を読む、そんな休日も楽しめそうだ。
 
住所:那覇市泉崎1-20-1 カフーナ旭橋A街区
開館時間:午前9時~午後8時
休館日:火曜日・年末年始・特別整理期間(年20日程度)