妻への愛情から発した「あきらめない行動」が、やがてとてつもない奇跡をもたらす実話。

パッドマン 5億人の女性を救った男

 インドの小さな村で新婚生活を送る主人公の男ラクシュミは、貧しくて生理用品も買えず、不衛生な布を使っている妻を救うため、清潔で安価な商品の開発にいそしむ。

 だがインドの旧習は彼の行為を変態行為とさげすみ、家族からも理解を得られない。それでも、幾度の失敗にもめげない彼の情熱は、次第に応援する仲間を増やしていく。

 片言だから字幕なしでも通じる程なのに、後半のラクシュミの英語での演説シーンは圧巻。そんな彼が妻のためだけにとどまらず、農村の女性にも雇用の機会を広げ、女性の生き方そのものまで変化させていく姿にメガネが曇る。今そこにある旧習は誰のためにあるのか、いま1度考えてみたい。(スターシアターズ・榮慶子)

シネマパレットで上映中