米軍機の事故やトラブルを受け、米軍が情報提供のため公表した文書の保存期間を、沖縄防衛局が内規で5年と決め、廃棄していたことが同局を通じた防衛省への取材で分かった。