【石垣】島々の暮らしを守ってきたアダンの有用性を再認識し継承しようと「2018琉球弧アダンサミットin石垣島」(主催・同実行委員会)が8、9の両日、県立石垣青少年の家で開かれた。研究者らが八重山のアダン文化や琉球弧で大切な役割を果たした歴史などを紹介。